2005.03.30

Firefoxをアップデートする時は

 Firefoxの1.0が危ないというので,1.0.1以降にアップデートせよということですが。

 …まず1.0を削除してから,もう一回インストールしなきゃなんないのかな?

 削除せずに上書きでインストールしたら,[プログラムの追加と削除]にFireFoxが2個出てくるようになったんでビックリしました。まあ,レジストリの値を変えればいいんですが,面倒くさいんでもう一回インストールし直しました。

 実は,Windows XP SP2になって,Internet Explorerに「ポップアップ・ブロック機能」と「Active Xコントロールをインストールさせない機能」が追加されてからというもの,IEが突然死ぬことが非常に増えたように感じています。

 ポップアップを無理矢理出そうとするサイト(ActiveWin.com)とか,スパイウエアの「JWord」を無理矢理インストールしようとするサイト(さるさる日記)などを閲覧していると,かなりの確率でIEが死にます。

 会社のマシンも,自宅のマシンも。

 どうにかならんかなー。

 仕方ないので,そういうサイトの閲覧用に,Firefoxを使ってるんですけどね。こっちもコッチで,ちょっとアレな感じですな。

| | コメント (44) | トラックバック (4)

2005.02.27

トゲトゲ中

 我が家の文鳥めめさんですが,現在猛烈に換羽(とや)中であります(画像はクリックすると640×480に拡大します)

meme

 これが終わると,成鳥の姿になります。トゲトゲしているのは,新しい羽が入った「さや」のようなものです。これが羽が育つにつれて,このさやが落ちるのですが,おちたさやはフケそっくりでもあります。掃除が大変。

 こちらのblogも,もう少しちゃんと更新しようと思っております。

ume

 梅ヶ丘は羽根木公園の梅も,見頃はまだまだ先のようでした(画像はクリックすると640×480に拡大します)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.01.01

朝にはテレビ局の取材が来るとのこと

 明けましておめでとうございます。30日より富山に帰省している小松菜かじるです。

 夜が明けて,元旦の午前9時になると,地元のテレビ局が祖父母宅に取材に来るそうです。正月のニュースのお決まりである「年賀状を受け取るおじいさん,おばあさん」の取材です。

 祖父母宅は,富山市の中央郵便局から一番近い場所にある民家なので,21年前にも同じようなテレビ局の取材がありました。その時は,一族郎党が玄関に出て,郵便局員を待ち構えて,等しくカメラのフレームに収まって,しかもそれを録画するためにビデオデッキまで買ったものでしたが(笑),今回は爺さん,婆さんを中心に出演してもらおうと思っています(録画はしようと思ってますけどね)。

 NHKなのか,地元の民放なのか,いつのニュースなのかは聞いてませんが,富山にいる人は地元ニュースに注目だ(笑)!

 ちなみに爺さんは中曽根元首相や田中角栄と同い年の大正7年生まれで87歳。婆さんは大正14年生まれで80歳のはずですが,どちらもとても元気です。もっとも爺さんの方は,昨年(2004年)の夏に,肺に水がたまって入院して「肺癌確実。余命2カ月」とも思われたのですが,実は肺癌じゃなくて肺結核で,今では前より元気になりました(症状が重い時期に酸素不足になったので,今では認知症が少しみられるのですが)。

 婆さんは「この前のビデオはどこに行ったかねぇ?」などと言っていて,もちろんその「この前」は,前回テレビ局が来た21年前のことなのですが,これぐらいの年になると,20年前で「この前」なんだなー,と思いました。そのころ僕はまだ,8歳だったんですけどね…

 元旦は,多少雪が収まっているといいなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

爺さんとの会話

 ウチの爺さんは,大正7年生まれの87歳。今もすこぶる元気なんだけど,この前の夏に肺結核で入院したときに,血中酸素濃度が低下して脳にダメージを受けたらしく,いわゆる認知症の症状が出てきました。

 大晦日も,正月飾りの手伝いに行って来たのですが,

爺さん:このしめ飾りを玄関に付けて来てくれ!
俺:玄関には既に新品のしめ飾りが付いているであります!(昨日取り付けたのを忘れている)

俺:俺,来年で30歳になるんだよ
爺さん:(心底びっくりしながら)もう30になるのに,大丈夫なのか?(=結婚はしないのか,のニュアンス)
俺:去年,結婚したよぉ
爺さん:(心底びっくりする)

 みたいな感じになってます。でも,NHKの番組で,京都の中継を見ていたら

爺さん:これ,柊家だよな
俺:(こんな高級旅館に泊まったことあるのか…)

 みたいな感じで,部分部分は恐ろしいほどハッキリしてます。夏に入院していたときは,もう長くないだろうと覚悟したぐらい弱っていたのに,元気になってうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.22

綺麗な虹が撮れました

 諸般の事情で滋賀県大津市に行ってきました。用事が済んだ後には石山駅で途中下車して,紫式部で有名な石山寺を見物してきました。

以下,写真はクリックすると640×480に拡大します

ishiyama01

 ここには,中2の修学旅行で来たことがあるのですが,当時は修学旅行特有の寝不足状態だったようで,ほとんど記憶が残っていませんでした。今日,15年ぶりに見た石山寺は,おぼろげな記憶を良い意味で裏切るなかなか立派な寺でした。

ishiyama02

 あと15年前にはまったく気付かなかったんですが,石山寺はその名の通り,大きな石の山の上にあるお寺なんですな。元々古代の巨石信仰の場所だったのが,寺になったんでしょう。

ishiyama03

 瀬田の唐橋などが見渡せるという,見晴らしのいい所へ登ったら,ちょうど虹がかかっていました。日頃の行いが良いから,巨石がご褒美をくれたようです!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.12.21

ハリーポッターとアズカバンの囚人を見た

 久しぶりに早く帰ってきたので,夕食後に「ハリーポッターとアズカバンの囚人」をDVDで見ました。

 冒頭,オバはんが風船になるシーンや,3階建てのバスのシーンなどを見ながら,「何だか見た記憶があるなぁ」と思ったのですが,それもそのはず。この間,シカゴから成田に帰ってくる便でこのビデオが流れていたからでした。 「ならどうして最後まで見た記憶がないんだろう?(同じ便でやっていたバカ映画「デイ・アフター・トゥモロー」は全部見たのに」と思ったのですが,その理由は,直後に判明しました。

 俺の大嫌いなネズミが出てくるんですよ! しかも何度も!

 恥ずかしながらその後は,嫁さんの手をしばしば握りながらハリーポッターを見させて頂きました。正直家でDVDを見るときは「結婚して良かった」と思います。っていうか,結婚前は家でDVDやビデオをほとんど見なかったんですけどね(怖いから)。

 嫁さんには完全に呆れられていますが,こればっかりは仕方ない。

 ちなみに,伊豆のシャボテン公園に遊びに行った時も,ここにはやたらとネズミや大ネズミ(カピパラ)が多数生息していたので,すっかり身動きがとれなくなった小生は,目を閉じて嫁さんに手を引いて貰って,ネズミがいないところまで連れて行って頂きました。

 本当にネズミが嫌いなんです。映画「ラストエンペラー」も,溥儀がハツカネズミを城門に投げつけるシーンを見て,映画館で悲鳴をあげました。地下鉄でネズミを見ると,体が硬直します。すべてドラえもんの影響なんですけど。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004.12.16

デルが狂った(笑)

 なんだかデルが面白いサイトを始めたようなのですが。

dell

 これは何ですか~!!!!(笑)

 何でも,デルとMicrosoft,EMC,Oracle,Intel,RedHatがチームを組んで,高価なサーバーを売りつけようとする悪の組織と戦うらしいです。でも正義のチームのメンバーが全員,悪人ヅラっぽいんですが!

 しかし,デルの20型液晶ディスプレイが,20日までは税込み・配送料込みで8万1375 円っていうのは, 真剣に頭がおかしくなりそうです。僕のところにもサンタさんが来ないかしら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.14

出会い系サイトでは出会えない

 やじうまWatchで「出会い系サイトでは出会えない」という話が話題になってますが,正直ぬるいですな。

しかも、そこにいるのは運営者に雇われた“サクラ”の女の子ばかりで、

 女の子じゃない場合もある訳で。

 詳しくは去年の11月に書いたエントリー「FC東京終戦+出会い系サイト話」の通りなのですが。サクラは普通に男のようです。またこの後輩から追加で話を聞いたところ,さらに面白い実態が浮かび上がってきたのですが。まとめると,

・その男サクラばっかりの出会い系サイトは,結構大々的に広告を打っている
・しかし,ホンモノの女性が間違って入ってくると邪魔になので,ホンモノ女性は即刻退会処理
・サクラが「外で会う約束」をすることもある
・例えば渋谷駅で待ち合わせをしている場合,時間になるとサクラが「今どこ~」といったメールを出す。男がそれに対して「モヤイ像の前だけど」みたいな返事をすると,「あ,ごめんなさい~」みたいな「さも実物を見てダメ出しをした」かのようなメールがサクラから届く。実際にはサクラは,データセンターでパソコンをいじってるだけ。
・「君,本当はサクラなんだろ? でもメールのやりとりが楽しかったからいいよ!」と言ってくれるお客さんがたまにいるらしいけど,そのメールを読んだ男サクラ曰く「自分のエンターテイナーっぷりも結構イイ線行ってると思いました。楽しんで頂けたようで,僕も満足です」。
・それでも一番儲かっていたのは2~3年前で,最近はそれほどでもない

 という実態だそうで。実際に試してみたスラッシュ・ドットの人は偉いと思うけど,日記のコメントでも指摘されてる通り「女で登録すると退会させられるサイト」は,試してみる価値すらない訳で。

 正直,出会い系サイトで出会って逮捕されている人の存在自体が,出会い系サイトと悪徳警官が仕組んだデマの様な気がしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004.12.11

なぜIBMのパソコン事業は売却されたのか

 今頃ですが。ちょっと考察を。

 IBMのパソコン事業が売却されたのは,ひとえに「買ってくれる相手がいたから」に尽きるわけですが,改めて風呂に入りながら「NECや富士通,日立,松下のパソコン・ブランドなんて,宇宙人でも買わないよな~」などと思ってしまいました。

 ソニーの「VAIO」や東芝の「Dynabook」なら,何か勘違いしてOEMではなく自社ブランドでのパソコン販売を目指すことにした台湾メーカーが買ってくれるかもしれませんが,間違っても1000億円は出さないでしょう。かつてはNECが宇宙人っぷりを発揮して,「Packerd Bell」などという今では誰も覚えていないパソコン・ブランドを買って大損こいたことがありました(っていうか,NECってまだPackerd Bellで商売やってるんですね。欧州,南米,東南アジアではPackerd Bellブランドを継続しているそうです)。NECがPackerd Bellを買収してドブに捨てた金も,今回Lenovoが払った額と近かったのではないかと思います。

 実際Lenovoも,何か勘違いしていると思うんですが,「IBM」や「ThinkPad」ブランドの携帯電話やオーディオ・プレイヤー,DVDレコーダー,液晶テレビを販売してもいい契約になっているんだったら,ちょっと美味しいかも,と思いました。

 ITバブル崩壊直後かつデジタル家電ブームの直前辺りの時期に,中国の電機メーカーが日本の老舗ブランドを買収して,(あり得そうな例で言うと)PENTAXブランドのテレビだとか,Konicaブランドの冷蔵庫だとか,JVC Victorブランドの洗濯機だとか,KENWOODブランドのトースターなんかを販売するのではないか――,みたいなことが言われていた様な気がするのですが(例はすべて思いつきです),その後デジタル家電ブームという名のカミカゼが吹いて消えかけたこういったブランド買収劇が,デジタル家電バブル崩壊後の来年辺りに息を吹き返したりするんじゃないかなぁ,などと思ってみました。

 あと正直ソニーは,AIWAブランドを台湾メーカー(大同(TATUNG)とか)に売り払っても良かったのではないかと思います。もう無駄だけど…

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2004.12.03

陳麻婆豆腐

 昨日は所用で横浜のみなとみらい地区に行ってきましたので,お昼ご飯はクイーンズスクエア内にある「陳麻婆豆腐」という中華料理店で,店名の通り麻婆豆腐を食べてきました。ここは四川飯店の陳建一氏が始めたチェーン店なので「四川飯店の麻婆豆腐がここでも食べられるのかな?」と思っていたのですが(←勘違いでした)。

 全然違いました。

 凄く辛いんです。

 もっとも,唐辛子によくある舌が焼け付くような不快な辛さでは無いので,舌も全然痛くなりません。一緒に熱いスープを飲んでも全然大丈夫。これはどうも中国胡椒の辛さのようです。

 でも,2~3口食べただけで唇がブルブル震えて,汗がダラダラ出てきました。次はノドの辺りになんともいえない違和感が。胃も明らかに狂い始めて,辛さを抑えるためにご飯をバクバク食べているのに,全然おなかが一杯になってきません。舌よりも先に体が反応する辛さのようです。

 僕は,辛いのは結構得意なほうだと思っていたんですが,半分でギブアップしました。飲食店でご飯を残すなんて,僕にとってはあり得ないことなんですけど――

 で,今日になってからの話ですが。

 尻が。


 さっきから尻の穴が凄く痛いです。ビリビリ来てます。ヒリヒリします。尻の穴が「辛い」と言っています。ウォシュレットを使っても無駄みたいです。か,神様…(涙)。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

«U-13の試合を見てきました